• 東京でベビーシッターをしたい

    東京でベビーシッターの仕事をしてみたいという人もいるでしょう。

    東京では、共働き世帯が大変多いです。


    また実家が遠いという人も多く中々帰れないという人もいます。

    東京では待機児童の問題もあり保育園に入れない人も多く、ベビーシッターの需要が高まっています。

    ベビーシッター会社では顧客獲得競争が激しく、値段を安く設定している所が多いです。

    なので働くベビーシッターの給料も安くなってしまうという現実があります。



    この仕事は、正社員の人は僅かしかいません。
    パートかアルバイトで働いている人が圧倒的に多いです。

    なので給料は時給制の所が多いです。
    定期的に仕事があるとは限りません。
    お客さんからの指名が多い人はどんどん仕事が増えますし、指名をして貰えない人は、仕事が減っていってしまいます。
    お客さんに気に入られるためには、子供をしっかり保育できることは勿論の事、コミュニケーション能力も必要になります。
    ベビーシッターの仕事は会社から依頼を受けると、お客さんの家に出向いて家の中で保育する事がほとんどです。

    保護者としっかり打合せをしてから子供を預かります。子供の世話は、ミルクを飲ませたりオムツ交換をしたり遊び相手になったりします。

    T-SITEに関するマニアックな情報をお届けします。

    子供を預かる時は、危険な事がない様に注意します。



    子供は、時に予想もしない様な行動をする時があるからです。
    預かる時間は数時間の時もあれば一日中の時もあります。

    保護者が帰宅したらその日の子供の様子や体調などを伝えて終了となります。